ストレスを溜め、その発散に暴飲暴食をするループは体に悪いことです。胃腸に違和感がある人はネキシウムを服用しましょう。

  • ホーム
  • 逆流性食道炎にもネキシウム

逆流性食道炎にもネキシウム

お腹を押さえている男性

ネキシウムとは胃腸薬の一種で、胃酸分泌抑制効果により、逆流性食道炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの様々な病気の治療に用いられます。
ネキシウムの有効成分はエソメプラゾールで、国内において4番目に認可された最新のプロトンポンプ阻害薬です。
プロトンポンプ阻害薬の系統にある薬は、他の成分の胃腸薬より強力に胃酸の分泌を抑える事から、難治性の潰瘍にも効果を発揮し、現在では胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に第一選択される事も珍しくありません。

強い胸焼けを引き起こす事で知られる逆流性食道炎とは、胃酸過多により胃酸が胃を出て食道に流れこんでしまう疾患です。
胃酸の主成分である塩酸は非常に強い酸性で、胃酸を収める胃は強力な粘膜によって胃にダメージが行かないよう守っています。
しかし何らかの理由で胃腸の機能が低下してしまったり、強いストレスで胃酸が多量に分泌されると、胃酸が食道へと漏れてしまいます。

食道の粘膜は、胃の粘膜とは違い酸性に強くないので、食道に流れてきた胃酸は食道の粘膜をただれさせ炎症の原因となります。
食道が炎症を起こすとひどい胸焼けの症状が感じられ、苦痛をもたらします。
また、胃粘膜の防御機能が弱っていると胃酸が胃を傷つける場合もあり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍原因にもなりかねません。

逆流性食道炎に効く薬は他にもありますが、ネキシウムのようなプロトンポンプ阻害薬が開発された事によって逆流性食道炎の治療は大きく進展しました。
しかし、プロトンポンプ阻害薬を服用しても逆流性食道炎が完治せず、症状に苦しめられている患者さんも多く存在していました。
ネキシウムは最先端の治療薬のため、従来のプロトンポンプ阻害薬よりも高い酸分泌抑制効果が期待されています。
症状の強さによって服用量が変わるため、医師の指導のもと用法用量を守って服用を行いましょう。

サイト内検索
人気記事一覧
  • 1
    お腹を押さえている男性
    逆流性食道炎にもネキシウム 2018年12月27日 6 Views
最近の投稿
    アーカイブ